合唱曲「この星に生まれて」VOCALOIDコーラス部

みなさんこんにちは。

小学校や中学校でよく歌われている合唱曲「この星に生まれて」を、恒例の「VOCALOIDコーラス部」としてリリースしたのでみなさんにお知らせします。
なお、こちらの動画は「混声三部版」ですので、バージョン違い等にご注意ください。
また、編曲者は「鹿谷美緒子」さんのものです。この曲は編曲者違いも多いので、併せてご注意ください。

混声三部合唱「この星に生まれて」  作詞作曲:杉本竜一 編曲:鹿谷美緒子

うちのサークル(VOCALOIDコーラス部)では

Soprano :初音ミク、巡音ルカ、GUMI
Alto :蒼姫ラピス、結月ゆかり、みずき(VY1V3)
Male :VY2V3(勇馬)、KAITO、がくぽ
Piano :星空奏(音楽たん)

というパート割りで歌いました。

全体(VOCALOIDコーラス部)

ソプラノパート

アルトパート

男声パート

ピアノ伴奏

上記、VOCALOID達の美しい歌声をお楽しみいただき、あるいは、合唱の練習用としてお使いください。
また、Ryu独唱もアップしましたので、こちらもぜひお聴きください(独唱は合唱とは違う歌い方をしていますし、キーも違いますので、こちらは練習には向きません。ですが、一緒に歌うのが楽しくて一緒に歌っている方もいるようで、とても嬉しいです。でも、変なくせがつくとよくないので、おすすめはしません)。

Ryu独唱

この曲は中学校での人気もさることながら「小学校で歌った」という人も非常に多いようですね。
杉本竜一さんらしいとても前向きでわかりやすいメッセージが込められた曲です。
「投げ出さないで、宇宙を、周りの世界を感じながら、夢を叶えるためにともに歩んでいこう」という作詞者の優しい気持ちが、とても心に響きますね。
世の中、きれいごとではすまない場面もありますし、すべての夢が必ずかなうわけじゃないですけど、小学生や中学生が歌う曲としては、やはりこういったポジティブなものが良いなと個人的に思います。
(※「すべての夢が必ずかなうわけじゃない」歌詞と相反することを書いていますが、これについては深めてしまうといくらでも長文を書けてしまうし議論もできてしまうので深めないでおきます。あくまで筆者の一意見であり、この歌詞を否定するものではありません。)

作詞者からは「あなたは、星空を見上げて宇宙や地球の成り立ちについて考えたことがありますか? 広い無限の宇宙を感じると、自分の生活環境や、社会、学校、親、友人、異性など、いろんなことに対しての戸惑いや矛盾などが吹き飛んでしまいます。私は、大人になってから偶然気づきました。みなさんもぜひ一度試してみてください。自分のちっぽけさが身にしみるかもしれませんよ。「この星に生まれて」は、そんな体験の中から誕生した曲です。」とのことです。(「混声合唱曲集TOMORROW4訂版」より引用)

この曲の原曲は、NHK番組『生きもの地球紀行』の2代目エンディング主題歌で、HARUKAが歌っています。

背景は、この作品のイメージのような優しい雰囲気の抽象的なものを選びました。個人的にはぴったりの背景だなと思っています。

毎度のことながら、またたび団子さん、佐藤ちさきさん、しもふりおにくさん、チムチムさん、ぱや88さん、素敵なイラストを描いてくださり、ありがとうございました。

YouTubeアカウント持っている方はぜひチャンネル登録、グッド(高評価)、SNS共有よろしくお願いします!また、すでにやってくださった方、いつも応援してくださっている方、本当にありがとうございます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ