Ryu的2016夏アニメ総評

みなさんこんにちは。ボーカル・作詞・作曲担当のRyuです。
私が大のアニメ好きであることは、このブログの読者ならもうご存知でしょうが、私のお友達に今年の夏アニメの総評を送ったので、ついでにこのブログにも公開したいと思います。
なお、この総評はRyuの個人的な好みや偏見が存分に入った内容となっていますので、そのつもりでお読みくださいませ。

では、ランキング形式でどうぞ!

<2016年夏アニメ総評>

1位
この美術部には問題がある!
主人公の宇佐美さん超可愛い。日常ほのぼのラブコメであり、飽きさせない展開でRyuを魅了した。内巻くんや部長らも非常にいい味出してる。ラブコメ好きな人は絶対見るべき!

2位
NEW GAME!
学園もの等のアニメが多い中、珍しく社会人に焦点を当てたアニメ。暗くなりがちな「お仕事」というテーマでありながら、最初から最後まで明るく快活に完走した。出てくる子もみんな可愛い。彼女らが楽しそうにゲーム制作をしていると、私も楽しい気分になった。

3位
ReLIFE
27歳フリーターの青年が高3になって人生をやり直すという設定からして非常に面白い。人間模様も非常にうまく描かれている。今期1位でもおかしくない作品だが、劇伴や作画等の未達成感、ストーリー展開の下手さが減点につながった。最終回で初めて明かされた重要なコトがあったので、ぜひ2期もやってほしいと思った作品である。

4位
はんだくん
高校生のはんだくんとその周りがお互い勘違いしている様子が面白い。個性的なキャラも続々登場。今期一番笑えるアニメであった。

5位
アンジュ・ヴィエルジュ
「女の子可愛い」だけで完走できた作品。ストーリー自体はざんねんながら評価し難い。毎回お風呂のシーンが出てくるのは美味しかった。彩城天音かわいい。

5位タイ
Re:ゼロから始める異世界生活
春から2クールで放映。途中つらかったし、伏線も全然回収できないまま終わったが、最後まで気になって見てしまったのは、やはり作画等のクオリティの高さと、続きが気になるストーリー展開(と、ペテルギウス・ロマネコンティの「怠惰」と「脳が震える」(笑))の賜物であろう。

7位
Rewrite
私にとっては話の内容についていくのが難しかった。少々ご都合主義な展開に感じてしまったのもマイナス評価。でも、最後まで飽きずに見れた良い作品である。

繰り返しになりますが、これはあくまでRyuの個人的な感想・総評です。
また、辛口に書いてしまったところもありますが、ここに挙げた作品はどれも素晴らしいものでした。
この中で見たことのないアニメがあったら、ぜひ見てみてくださいね。
アニメ制作に携わった方々に感謝を。素敵な作品をありがとうございます。

Ryu

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ