長門有希ちゃんとニセコイ:

みなさんこんばんは。「響けユーフォニアム」も面白いという噂を聞きつけて見たいアニメが増え続けているRyuですこんばんわ。

今期は「ニセコイ:」「長門有希ちゃんの消失」「山田くんと7人の魔女」をメインに据えてエンジョイしているわけですが、今回はつい先日放送されました「長門有希」と「ニセコイ:」についてレビューしたいと思います(何話目だかだんだんわからなくなってきたのは内緒です)。

まず「長門有希」のほうですが、今回のはなかなか萌え要素がございまして、良い回でございました。具体的に申しますと、文芸部の部室で、有希ちゃんがキョンに「あ~ん」してもらうシーンがあるんですよ!なんということでしょう!2回もイチャついているところを目撃してしまった朝倉さんは、2回とも、「おじゃましました(にこにこ)」と言って去っていくのです。

なぜ「あ~ん」になったかというと、キョンのお弁当を有希と半分こすることになったのだが、しかし長門は「半分こはハードルが高い」と言い、「あ~ん」を要求するという(笑) いやそれ明らかに「あ~ん」のほうがハードル高いでしょ!(笑)いいなぁ「あ~ん」。もふもふ。

04

さて、次に「ニセコイ:」ですが、今回はタチマリ(橘万里花)回でしたね。勉強がそこそこできる(70位くらい)一条楽と小野寺小咲。千棘は5位と、成績がたいへんよろしい。舞子くんと宮本るりは23位あたりと、いい成績。それに対して、タチマリは成績がよろしくない・・・。タチマリが数学の再テストに引っかかってしまい、それを楽に教えてもらうというお話が前半。数学の説明のたとえ話が面白かったり(笑)千棘はもう楽に恋をしているので、しっかりタチマリの邪魔をしに入ります。しかしですなぁ、タチマリみたいな可愛い子に「好いとうばい」なんて言われたらコロッとやられてしまいますな(笑)

後半は「ラクサマ」というタチマリの飼いインコ(オウム?)を楽が一日あずかるという(笑)「ラクサマ」が「楽さま~、そこはダメですわ///」とかしゃべる(笑)「ラクサマ」が逃げ出してしまい、ラクサマを楽が街中を走り回って、なんとか捕まえるという話ですね。

ちょいちょい他のヒロインも出てくるので、ワシの小野寺欲が満たされた・・・わけがなかろう。 小野寺成分が足りないーーー!もう4話くらいは進んでいるのに~!小咲を出してくれっ!ワシは小咲とドキドキしたいんです。

maxresdefault

Bea2L2JCUAAGqhU

まいすうぃーとはにー万里花(&小咲)! 愛・ラブ・ゆー!!

Ryu

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ