山田くんと7人の魔女 4話感想

「山田くんと7人の魔女」というアニメを友達が教えてくれたので見てみました。今なら今までの話をニコニコ動画で見ることができますよ。これがけっこう面白い!あ、ついでにニコニコ動画のフィドロサミルもお気に入り登録してくださいね(笑)

で、まぁここまでのあらすじを簡単に説明しますと、私立朱雀高校に通う不良高校生・山田竜(やまだりゅう)は、ある日階段から落ちたはずみで優等生・白石うららとキスしてしまい、2人の身体が入れ替わるという不思議な現象に見舞われる。中身が入れ替わっていることを宮村虎之介(みやむら とらのすけ)と伊藤雅(いとう みやび)にバレてしまい、4人で「超常現象研究部」を復活させ、一緒に活動(?)することになる。

山田のこの能力は白石さんだけに有効なのではなく、ほかのどの人でも入れ替わりが可能。この能力を使い、いろいろなことが起こっていくのだが・・・

まぁ、あれですね、もし女子と入れ替わることができたら、私ならとりあえず脱いでみますね(笑)山田も当然それをやっていました(笑)

しかし、4話では、小田切寧々(おだぎり ねね)と山田がキスをしても、入れ替わりが起こらなかった。その代わり、キスした相手を惚れさせる能力を身に着けてしまったらしい(笑)というところで話が終わっていた。

わりと男のキャラもたくさん出てくるし、「冴えカノ」とは違ってあんまりハーレム感はないですが、コメディとして面白い。あと、勉強するばかりで周りとコミュニケーションを取らない白石さんが、少しずつ周りとコミュニケーションを取るようになり、成長していく様子も面白いです。

これから一体どうなるんでしょうか?例によって、私は原作本は読んでいないので、続きは全然わかりません!ネタバレなしで、今クール最後まで見ていきたいと思います!

news_xlarge_yamajo_key

yamada-kun_to_7-nin_no_majo_1-1024x707

好きなアニメが増えて嬉しい。やっほいやっほい。

Ryu

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ